読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆりのきDAYS

千葉県八千代市のサロン アルテヘアーデザイン店長の趣味とトレーニングの雑文

イサキ釣り2016 五月晴れ

館山洲崎の佐衛美丸さんに乗って今季好調のイサキ釣り。

佐衛美丸さんは3月に続き二度目の乗船、温和な船長と元気のいいおかみさんで切り盛りしているようだ。

イサキ釣りはコマセの釣りだが奥が深いのはどの釣りにも言えること。

イサキ釣りは棚を正確に合わせないと釣果がかなり変わる釣りなので、

道糸のマーカーをきちんと数えて水深を正確に合わせる、50センチ水深がずれても釣れないことはよくあるそうだ。

前回の3月に行った時も船長に指摘されるまで2メート以上棚がずれていた。

今回はきっちり棚を合わせることに集中して目指すは上限の50匹。

 

午前2時半起床で3時前に出発、受付時間少し過ぎてしまい到着は4時半。

もう少し早く出るべきだった、他のお客さんは船の前で待ってる状態。

佐衛美丸さんは予約順に乗船して好きな釣り座を選べる、予約順で僕が一番だったが、現地到着が一番遅かったのであせりました。(僕が乗らないとみんなが乗れない)

迷わず右の一番後ろを選んだ、前に座った人のコマセが流れてくれば魚が集まる有利な場所、期待は高まる。

 

ロッドはアナリスターライトゲーム82、イサキ釣りには73調子や64調子のほうが食いは良さそうだが持っていないのでしかたがない、リールは電動リールMAGMAXに3号を巻いてある。

60号の黄色いビシにクッションゴムをセット、仕掛けは佐衛美丸特製の船宿仕掛け、三本針にバイオベイトをちょんがけ。

 

指示棚の2メートル下まで落として、コマセをちょんちょんと出しながら、船長の指示棚の30メートルまで巻き上げて2,3秒待つとすぐにぐぐんとアタリ、

一投目でのアタリはうれしい、イサキ釣りは一匹掛かってもなるべく仕掛けをそのままにして二匹目、三匹目とすべての針にイサキを掛けるのがポイント。

なのでしばしゆっくりと巻いて追い食いを待つ、残念ながら一投目はシングルだったが、なかなかの良型で幸先がいい。

棚さえ合っていればアタリがあるのでコンスタントに釣りあげる、隣のおじいちゃんはイマイチみたいでお隣のコマセがこっちに流れてきているのかもしれないなあ。

アタリがあっても針が外れてしまう事が何度かあったので少しロッドを送り込んでやるとがっちり針掛かりするような気がした、釣り方のコツがわかってきた。

ダブル、トリプルも何回かあったが、今日のイサキは食いが悪いそうなのでシングルばかりで数は伸びない。

途中潮が速くなり釣れなくなる時間帯もあったが、なんとか釣果40匹、目標の50匹には届かなかったが、この日のトップが45匹だったのでまあ合格だろう。

 

f:id:artehairdesign:20160527093338j:plain

釣れるたびにしっかりエラを切って血抜きをしたので帰ってから裁くのが楽だった。

40匹もいると裁くだけでも時間がかかる、裁くときに血が出るのが少ないのは時間短縮になった、三枚おろしはかなり上手くなったな。

小さめのものは開いて一夜干しに、後は三枚におろして、身を叩いて大葉とネギと塩コショウ少々、片栗粉を少し混ぜてイサキハンバーグを作って冷凍。

刺身はバジルソースを絡めたカルパッチョバルサミコのソースも作って本格イタリアン。

白子と真子もたっぷり入っていてアルミホイル焼きが絶品。

すべてがうまかったな。

この時期おいしいイサキを釣らない手はない!

f:id:artehairdesign:20160527093411j:plain

 

5月24日火曜日 晴れ、南風、ベタ凪

5時〜11時30分 佐衛美丸

ロッド アナリスターライトゲーム82 MH-190

リール MAGMAX

釣果 22センチ~37センチ 40匹 外道 なし