読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆりのきDAYS

千葉県八千代市のサロン アルテヘアーデザイン店長の趣味とトレーニングの雑文

たくさん運動しても体重は期待したほど減らない、そしてこれからの趣味に対する言い訳

ランニング バイク

先日の黒戸尾根を登って、その夜にいつものフットサルにも参加した為に、脚に相当ダメージが残っている、脚が攣った場所の筋肉痛がひどくて日課のランニングを二日ほど休んだ。

今日になってやっとゆるゆると7キロほど走った、キロ8分のゆっくりペースというか、それ以上スピードが出せない。

痛みを我慢して何とか歩かずに走った、これも強くなるためには必要なんだと言い聞かせる。

走ったコースは近所の市民の森、ここは緩やかなアップダウンがあり、森の中なので気持ちがいい、一周約800メートルくらい、そこをくるくると。

黒戸尾根から帰って体重を量ると、高山病の症状で道中ほとんど食べないでいたせいか、2キロ以上減っていたが、今日量るといつもの体重よりも増えていた。

ここ最近は、ほとんど体重の増減が一定、激しい運動をして体重が減っても、食事量が多くなったわけでもないのに体重は元に戻ってしまう、ちょっと運動を休むとすぐ増える感じだ。

ここ何年かの体重のデータを見てみても、たくさん運動したからといって、過度な体重の減少は望めないことがわかった、人間の体はバランスを取る様にできているのだろうか?体重が減ったら減った分だけ、元に戻ろうとする仕組みがあるのかもしれない。

話は変わって、クロモリのハードテイルMTBを物色している、行きつけの自転車ショップ”じてきち”さんに相談に行くと、余っているVOODOOのフレームがあるのでどうですか?(VOODOOは今、日本に代理店がないので手に入らない)

と言われた、格安にしますよと、なんといいタイミングだ!とりあえず見積もりしていただくことにした。

何年か前から、ランニング、自転車(ロード、クロス)、登山、などエコブーム、

健康ブームに乗っかり火のついた気軽に始められるスポーツ、かなりの人々が経験して楽しんでいる。

僕もこの三つはかなりハマっている。

しかし最近になって傾向が変わりつつあるように思う。

それらに飽きた人々は、より手間のかかる物にシフトしつつある。

これからはズバリ!MTB(マウンテンバイク)とスキー、スノボーだろう。

道具が複雑化し、楽しむ為のエリアに行く手間も増える、しかしその手間を掛けてまで楽しむ余裕が巷の人々に出てきた。

男女何人かで車に乗り、深夜の高速を飛ばす、MTBもスキーも一人ではつまらない。

僕が20代だった頃の楽しかった時間がまたやってくるのだ。

枯葉と土の上をMTBで駆け抜ける喜び、仲間と自然の中で食べる食事、山頂からの景色、かけがえのない時間が共有できるだろう。

自家用車の傾向もミニバンから徐々にSUV、そして最近は本格オフロード4WDも注目を集めている、再販されたランクル70がいい例だ。

これからは本格オフロード、もしくはSUVなどに荷物を満載し、山やスキー場に繰り出すだろう。

以上が僕がMTBを買おうする言い訳なのだが・・・

 

今日は19年目の結婚記念日、すっかり忘れていた、こんな日に新しい自転車買って帰ったら殺されるな・・・