ゆりのきDAYS

千葉県八千代市のサロン アルテヘアーデザイン店長の趣味とトレーニングの雑文

ビーナスラインを走る

f:id:artehairdesign:20170425114807j:plain

友人のM氏と早春の山梨、長野のビーナスラインを走ってきたぞ。

ビーナスラインは日本屈指のドライブルートでバイクツーリングする人も多く、

素晴らしい景色が有名の高原道路。

そこをロードバイクでえっちらおっちら登って絶景を堪能してきた。

f:id:artehairdesign:20170425085029j:plain

スタートは小淵沢ICに近い道の駅、ここに車を置いてスタート。

八ヶ岳連峰を見ながら八ヶ岳エコーラインを快走、アップダウンも少なく広々とした景色が広がって最高に気持ちがいい。

f:id:artehairdesign:20170425081748j:plain

まだこの地域では桜が満開、千葉ではとっくに散ってしまているのにもう一度満開の桜を見ることができて得した気分。

f:id:artehairdesign:20170425103900j:plain

蓼科湖からビーナスラインを登る、勾配がきつくてヘロヘロになりながらやっとの事で女の神展望台。

八ヶ岳北アルプス中央アルプスの大パノラマが広がっている。

f:id:artehairdesign:20170425104815j:plain

前半戦最高地点のスズラン峠、しかしここから白樺湖までずーっと下るけど、また再び1800Mの車山の肩まで登り返すのだ。

 

車山の肩までは遮るものがなくて走っている間中絶景が続く、幸せなヒルクライム

登る苦しさも吹き飛んでしまう。

f:id:artehairdesign:20170425114839j:plain

途中の蓼科山八ヶ岳連峰を望む展望台、なんとも贅沢。

f:id:artehairdesign:20170425120358j:plain

視界が広がるビーナスラインを上り詰めて、車山の肩からのダウンヒル、開放的な景色を堪能。

一気に下って、池のくるみと呼ばれる踊場湿原方面に下りる、マイナーなルートなので車が一台も走っていなくて快適、途中の広々した川上牧場も北海道の牧場みたいな景色でいい雰囲気。

 

茅野市まで降りて県道17号を走って帰路へ、下山してくるとなぜか向かい風が強くて疲れた脚にきつかった〜。

 

走行距離約97キロ、八ヶ岳山麓の開放的な景色と満開の桜、のびやかに広がるビーナスラインの景色が堪能できて幸せでした。

 

日本にいても下にリンクしたRaphaロードバイクトラベル映像に映っているようなことが同じように体験できる、

しかし写真や映像では体験したことの3割くらいしか伝えられない。

自分の目で見たリアル、自転車を操って走ることで体感したリアルは自分自身でしかわからないものなんだということを改めて再確認した。

Rapha Travel

 

 本日の走行軌跡 

www.relive.cc

f:id:artehairdesign:20170425154540j:plain 小渕沢にきたなら丸山珈琲には寄らないとね、美味いコーヒー売ってます。

広告を非表示にする