読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆりのきDAYS

千葉県八千代市のサロン アルテヘアーデザイン店長の趣味とトレーニングの雑文

甲斐駒ケ岳 黒戸尾根スカイランニング

アウトドア トレイルランニング 映像 登山

南アルプス 甲斐駒ケ岳に友人のM氏と登ってきました。

ルートは黒戸尾根、日本三大急登の一つに数えられるハードなルート。

標高差2200メートルを一気に突き上げて登る。

午前二時起床で、一路山梨県白州まで急ぐ。

5時30分登頂開始。

前半はそれほど斜度もなく、快適ルートが続き鼻歌まじりで進む。

クマザサの生い茂った森を抜けると徐々に傾斜が増してくる、しかしそれほどでもない。

想像していたより楽に感じる。

刃渡りの鎖場を過ぎると、ちょっときつくなりはじめた。

やはり黒戸尾根、甘くはなさそうだ、はしご、鎖のオンパレード、慎重に登る。

七丈小屋の手前の登りで両足のももが攣り始めた、まずいと思い両手も使って足の負担を減らす。

八合目からが最大のつらい所、山頂は見えているがなかなか近づかない。

脚も順番にどこかが攣り、使う筋肉を分散してやり過ごす。

最後のきつい岩場を乗り越え、4時間30分かかって甲斐駒ケ岳登頂。

f:id:artehairdesign:20140916100753j:plain

素晴らしくいい天気で360°大パノラマ。

しかし高山病の症状が出始めていて、頭痛がひどくなってきた、おにぎりがのどを通らない、吐き気も出てきた。

滞在時間もそこそこに11時には下山開始。

高度が下がるにつれて吐き気もおさまり、走れるところはなるべく走った。

本当は6時間台を目指していたが、やはり甘くはなかった、下山では7時間台を目指し走ったが叶わず、下山は3時間40分かかってトータル約8時間10分のタイムだった。

まだまだスカイランナーとしてはへなちょこであった・・・

f:id:artehairdesign:20140916142427j:plain

最後の走りでオーバーヒート、尾白の渓流にドボン!でクールダウン。

気持ちよかった~。

MASAKI FILM 

甲斐駒ケ岳 黒戸尾根スカイランニング - YouTube