読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆりのきDAYS

千葉県八千代市のサロン アルテヘアーデザイン店長の趣味とトレーニングの雑文

ウイリー五目フィッシングIn東京湾

夏休み企画第4弾 東京湾フィッシング

義理の兄親子と僕と息子の4人で船からのウィリー五目フィッシング。

朝5時に出発で6時半に金沢八景の港にある忠彦丸到着、シーパラダイスが目の前の港から7時半出航。

五目といっても今の時期はトロさばがメインらしい、運がよければマダイも。

仕掛けのビシと天秤を借り、ロッドとリールも借りる、忠彦丸オリジナルのさば用の仕掛けが思いの他ごつい、こんなに太いハリスってことは相当大きい魚が釣れるのだろう?

期待に胸を膨らませいざ出航。

ポイントまでは15分ほど、水深20メートルくらい、底から3メートルから5メートルの棚を探る、ビシにコマセを詰め、すかさず投入、一回目のしゃくりでヒット!一発目からすごい引き!

借りたタックルがしょぼすぎてドラグをいっぱいまで閉めてもリールが巻けない、やっとのことで引き寄せるが水面近くになるとサバが走りまくる、隣の人のラインに絡まり、やっとのことで抜きあげる、50センチ以上の丸々太ったサバだ。

隣の人に絡まったラインを船上の不安定な体制で解く、そうしているうちに息子にもヒット!

かなり忙しい、息子のロッドを僕が支えないとサバをあげる事が出来ないくらい引きが強い。

釣れる、絡まるの繰り返し、最初の一時間でかなりのサバを釣る事が出来た、しかしラインを揺れる船の上でほどいていたせいで完全に船酔いになる、しばらく我慢したが、勝手に胃袋から朝ごはんを海にリバース。

自家製のコマセを投入してしまった・・・

早々に船酔いでダウン、息子は一人で黙々と釣っている、しかしサバが掛かると取り込みの手伝い、釣り上げた途端にまたもやリバース。

後半は船酔いとの戦いだったがなんだかんだで二人で25本くらいのサバを釣る事が出来た、クーラーに入りきらないくらい大漁。

義理の兄が船上で血抜きをして、頭と内臓を取ってくれたおかげで新鮮なままサバを持ち帰る事が出来た。

11時半には沖上がり、3時間の釣りでこれほど釣れるとは想像もしていなかった。

〆サバ、塩焼き、味噌煮、一夜干し、残りは冷凍してもまだ余るので近所の人に配った。

脂がのっていて〆サバの酢が入りにくくて長めに漬けたものの方がうまかった。

東京湾でこれほど美味しいサバが釣れるのは感動!

しかしながら船酔いがひどくて映像、写真は撮れませんでした・・・