ゆりのきDAYS

千葉県八千代市のサロン アルテヘアーデザイン店長の趣味とトレーニングの雑文

九十九里の海岸にて

f:id:artehairdesign:20140408191951j:plain

4月13日の日曜日に美容師になってはじめて日曜日を休んでトレイルランニングレースに参加する。

子供の運動会も観に行った事がないのに、自分の趣味の為だけにサロンを休んでまで出る価値のあるレースなのか?

しかし参加してみないと何もわからないし、最後のレースになるかもしれないので、出るからには完全燃焼、上位を狙うつもり。

どうしてレースの参加を最後にするかと言うと、やはりサロンを休んでしまうことが最大の理由だ、商売している以上お客様が最優先であることを忘れてはならない。

でも今回ばかりは仕事を忘れて、後悔しないように楽しむ事に決めた。

今回出場するレースは “ハセツネ30キロ” トレイルランニングの世界では “ハセツネ”が日本の最高峰のレースと位置づけられている、その“ハセツネ”のいわば予選的なものが“ハセツネ30キロ”なのである。(本家のハセツネは71,5キロ)

残念ながらこの日本最高峰レースという神話は今や完全に崩れていっているように思う。

今や日本の各地で様々なトレイルランレースは行われていて、その中には完璧な運営でハセツネを凌ぐいいレースがたくさんある。

最初で最後かもしれないレースとしてあえて“ハセツネ”を選んだ、今まではレースにはあまり興味がなかった、しかしこれだけブームになっているトレイルランニングにおいて自分の実力がどんなものなのか測ってみるのが今回参加を決めた大きな理由、そして実力をわかった上で、これからの僕のトレイルランに対する考えを整理しようと思ったのだ。

僕の中でトレイルランは短時間で山の頂を極める為に始めた行為の一つ、サロンを経営しているので、週一日の休みがやっと取れるのが現状、その一日の休みをめいいっぱい使って3000メートル級の山の頂を征服するのにはどうしてもスピードが最重要になる、その為のトレーニングと装備の軽量化、コースのプランニング、は確実に習得しておかなければならない、その延長にトレイルランニングがあるだけのこと。

どんな結果が出るか、自分でも楽しみ。

今日はその為のトレーニングとして自転車で九十九里の白子海岸までのタイムアタック、約50キロを1時間45分の目標、朝5時起床で交通量の少ないうちに出発、残念ながら行きは1時間50分かかってしまった、ハアハア走って自分をいじめまくってみた。

完全にどMな行為、これでレースでの登り坂の走りが粘れるだろう。

さすがに帰りは脚も終わったので最後の桜をみながら二時間と少しで帰宅。

CR−1 112キロ 4時間18分

朝の白子の海岸が綺麗だったよ。

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする