読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆりのきDAYS

千葉県八千代市のサロン アルテヘアーデザイン店長の趣味とトレーニングの雑文

水仙を見に行く

f:id:artehairdesign:20170124120453j:plain

先週のリベンジで今日も鋸南町までのロングライド。

寒いけど快晴無風の絶好のコンディション。

今日こそ水仙を見に行こう。

朝7時に出発、湾岸を五井まで行ってから内陸部へ、立野街道からかずさアカデミアパークを抜ける。

アカデミアパークの道は整備されていて綺麗だが地味に7〜9%のアップダウンが連続してかなり疲れる。

君津あたりから鹿野山をまわりこんで志駒渓谷もみじロードに入る。

もみじロードは志駒渓谷沿いに山間を縫うように走る素晴らしい道、ここもアップダウンの連続で地味にきつい、でも景色がいいので頑張れる。

もみじロードの終点から長狭街道を右折してしばらく走ると、そこが"をくずれ水仙郷"。

佐久間ダムの周りに水仙が咲き誇っているはず。

 

しかし、全く咲いてない。

あれ?マジか!

水仙終わっていたみたいだな。

90キロ走ってからの水仙のいい香りで癒されようと思ったのに残念。

 

なんかついてないなあ、

のんびり明るい南房総の海沿いをふらふらしようと思ったけど、夕方に娘と買い物行く予定があるので昼ご飯も食べずに安房勝山駅から12時45分発の千葉行きに飛び乗る。

 

輪行に手間取って時間ギリギリで何も買えず、はらへったな。

www.relive.cc

 

広告を非表示にする

今年も安全に趣味を楽しもう

寒い、一月も半分過ぎた途端に急に寒さが増してきました。

 

12月、1月と休日のたびにゆるゆるとロードバイクのトレーニングを重ねてる。

去年ハマっていたカワハギ釣りは今年は一度も行っていない、飽きっぽいのは僕の悪い癖だな・・・

 

とりあえず今は空いた時間が少しでもあるとロードバイクに跨るようになった。

 

さて、今日はどこに行こうか?と考えを巡らす、そういえば去年妻と富山(とみさん)に行った時には暖冬の影響で水仙がほとんど終わっていたのを思い出した。

今年は寒いから咲いているだろう水仙の群落を見に鋸南町を目指して10時ごろ出発した、早朝出発はあまりの寒さのために断念し、気温が上がってきてからのんびりと。

 

市原市五井を抜けて、立野街道、東京ドイツ村を横目に見て国道410号を南下、

途中、交差点で現在地を確認しているとものすごい衝突音とグシャっ!と嫌な音が、

視線を上げると目の前で大型のモーターバイクが縁石を乗り超えガードレールに衝突していた。

カウルが砕けて、乗っていた人がバイクの下敷きになってる。

急いで助けに向かう、一緒に大きいバイクを起こす、1200ccはある大きいバイクだ、幸い運転者に怪我は無い模様、

お兄さんが落ち着いてから様子を尋ねると、きちんとした皮のツナギを着ていたので体の方は大丈夫みたいだ。

よそ見をしていて自爆だったらしい。

とりあえず一安心、しかしバイクが無残に壊れていて残念、まだタンクなどはピカピカだし。

お兄さんも一人で対処できると言うのでその場を立ち去ることにした。

 

しばらく走っていたが、明日はわが身とひきかえすことにした。

 

やはり事故はいいものではない。

特に生身が露出しているロードバイクはちょっとした気の緩みが死につながる。

急にロードバイクが恐怖になる。

こんな日は早く帰ろう。

距離計を見るとちょうど50キロ、帰りの50キロは恐怖に縛られた長い長い50キロだった。

 

五感を駆使して安全に家に帰り着く事だけ考えて走った。

www.relive.cc

これを見ると引き返した場所がはっきりとわかる。

 

 

 

 

 

関東平野最後の紅葉ライド

f:id:artehairdesign:20161129104210j:plain

 

関東平野最後の紅葉を見に養老渓谷までロードバイクで走り出す。

 

天気も良くて絶好のサイクリング日和。

 

さすがにこの時期の養老渓谷は観光客が多すぎてパス・・・

 

もう一つの目的地、あまり知られていない筒森もみじ谷に立ち寄る。

 

養老渓谷から徒歩では無理な距離にあるし、国道から1キロくらい奥まった所にあるので人も少なくて静かでいい紅葉が見れるかも?と期待して行ったが・・・

 

f:id:artehairdesign:20161129104148j:plain

 

残念ながら今年の紅葉はイマイチ、というか汚い。

 

大多喜町のホームページの写真と全く違う紅葉が・・・

 

全国的に今年は紅葉があまり綺麗ではないらしい。

 

仕方なく紅葉は諦めて海を見に南下する。

 

安房小湊の綺麗な海

 

f:id:artehairdesign:20161129120645j:plain

 

房総半島をずーっと下って安房小湊の海岸まで丁度自宅から100キロだった。

 

透明度の高い安房小湊の海、ホント綺麗だな、「小湊ブルー」と名付けよう、笑。

 

f:id:artehairdesign:20161129122325j:plain

 

安房天津の駅前のお食事処千家にてあじフライ定食、お刺身もついて美味しかったな。

 

f:id:artehairdesign:20161129124656j:plain

 

今年の紅葉ライドは残念ながら満足ではなかったが、中房総の雄大な自然と綺麗な海が同時に味わえる千葉房総半島の魅力はロードバイクならではだな。

 

今日走ったコース

www.relive.cc

 

 

 

 

JINYA CUP

f:id:artehairdesign:20161107232258j:plain

 毎週月曜日の大人のフットサル部のリーグ大会開催。

50人以上の仲間が集まり、無事、怪我もなく楽しく終えることができました。

 

f:id:artehairdesign:20161107212536j:plain

我がアルテチームの勇者たち。

左から二番目の紳士は居酒屋甚屋のマスター、このフットサル部の創設者。

マスターの人柄の良さでこれだけの人が集まる、人望って大事だな。

 

創立当初は10人くらいで和気あいあいだった、

今や、経験者ばかりでレベルもかなり高い、僕も年齢順だと上から三番目のおじさん、

負けないように日々トレーニングは続けなければ。

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

死ぬまでに一度は見たい

f:id:artehairdesign:20161018114143j:plain

 

紅葉を見に行きたい!

山梨県瑞牆山クリスタルラインと本谷川渓谷をロードバイクで走ってきた。

 

vimeo.com

先日、この動画を見たら無性に走ったことのない道を走りたくなったのが一番の理由。

 

 

韮崎ICに近い道の駅に車をデポして、瑞牆山目指して走りだす。

 

f:id:artehairdesign:20161017090555j:plain

 

登っている途中で、南アルプスの山々を見渡す、天気も良くて綺麗な空の色、

南アルプスブルー」と名付けよう。

 

瑞牆山まではず〜っと登り、それほど斜度はないので軽快なサイクリング。

 

 

f:id:artehairdesign:20161017100026j:plain

 

本谷川渓谷の紅葉はまだ早いみたいで、全く紅葉していなかった、残念。

1週間後が見頃かもね。

 

f:id:artehairdesign:20161017105002j:plain

 

瑞牆山クリスタルラインに入ると斜度10%を超える激坂が続く、キツイ!

ヘロヘロになりながら瑞牆山荘到着、腹が減っていたからなおさらキツかった。

 

f:id:artehairdesign:20161017110741j:plain

 

名物のカレーライス、辛口でうまい!

そして瑞牆山自然公園へ

 

f:id:artehairdesign:20161018114143j:plain

 

瑞牆山とカラマツのコントラストが素晴らしい。

 

この景色を見るために来た。

 

死ぬまでに一度は見たい絶景の一つでしょ。

 

日本の景色も世界に負けてないくらい素晴らしい、この目に焼き付けるために僕はロードバイクで走るのだ。

 

本日のルートの軌跡

www.relive.cc

軌跡ムービーってなかなか面白い

 f:id:artehairdesign:20161011100418j:plain

Stravaのアカウントから、RELIVE.ccというサイトで軌跡ムービーが簡単に作れる。

昨日の午前中、九十九里浜までの往復100キロ走った際のトレーニングの軌跡ムービーを作ってみた。

マラソンのコース紹介みたいに走った軌跡ムービーが出来上がった。

 

www.relive.cc

 

連休明けな為か道が非常に混雑、なかなか思うように走れなかったが、

外房有料に入ってからは快適なサイクリング&追い込み。

 

曇り模様で気温も低めで快適だったな。

 

最近雨が続いていたのでいいストレス解消になった。

 

午後は映画「ハドソン川の奇跡」を妻と鑑賞して、日本代表戦をみてからフットサル。

 

フットサルではみんな日本代表並みの動きだったような気がする、イメージトレーニングは大事だな。

袋田の滝

f:id:artehairdesign:20161004231742j:plainf:id:artehairdesign:20161004231810j:plain

茨城県袋田の滝

朝、5時起床で目指すは袋田の滝

ルートラボで160キロ、帰りはのんびり水郡線で帰る計画。

 

ロードバイクで走りだして15分でパンク、今日はチューブを一本しかもってないので、ここからの150キロをチューブなしで走るのは無理だとあきらめて帰宅。

1人で遊びに行こうとしたのでバチが当たったのだ。

 

あらためて妻を誘って袋田の滝まで車でドライブ。

 

先週の軽井沢の罪滅ぼしもしなくては。

 

初めて訪れた袋田の滝、噂どおりの名爆。

 

久慈川もゆったりとした流れで、良いところだったなあ。

次こそはロードバイクで訪れたいなあ。

 

夕方、行きつけのカメラのキタムラさんでiPhone7に機種変更。

広告を非表示にする