ゆりのきDAYS

千葉県八千代市のサロン アルテヘアーデザイン店長の趣味とトレーニングの雑文

アルルの空の下にて

ゴッホ1888年から南フランスのアルルで数々の名作を描きました、僕はそのころのゴッホの絵が大好きなので僕の畑にそのイメージで名前をつけてみました。

f:id:artehairdesign:20200514080435p:plain

南仏アルル、プロヴァンス地方とは程遠いけど広々とした僕の畑。

頭上でヒバリが鳴いている素晴らしい環境、自宅から5分の好立地。

 

クワで畝を立て、マルチシートを敷いて数々の野菜を植えました。

トマト、キュウリ、ナス、トウモロコシ、枝豆、トウガラシ、シシトウ、ピーマン

落花生、ズッキーニ、サツマイモ、カボチャ、スイカ、大葉。

 

永田式農法でやっていきます、まずは初心者なのでやるだけやってみて経験を積み重ねていきます、収穫までしばしお待ちを。

 

サロンはおかげさまで20年目を迎えました。

しかしこの全世界を巻き込んだコロナウイルスCOVID-19のためにいろいろとサロンにも影響が出てまだまだ万全の態勢というわけにはいきません、でも元気に営業はしております。

誰のせいでもなく、地球規模の話なので小さなサロンが太刀打ちできるものでもなく、

やれるだけのことをしてなんとかサロンを続けていけるように日々努力していくしかないようです。

 

継続は力なり、美容人生30年、まだまだやることはたくさんなのだ。

COVID-19によってまたいろいろと考えさせられましたね。

考えた末に畑かよ!って話ですが・・・

 

小さな苗を土に植える、すると2.3日で根を張り、葉は生き生きとしてくる、植物の生命力に脱帽。

土を触って思うのは、なんと人間はもろく弱いものだと痛感。

僕も大事なサロンをもっと生き生きとさせるためにしっかり根を強くしていこう決心したアルルの空の下。

 

 

天狗岳 雪山登山

f:id:artehairdesign:20200228215618j:plain

f:id:artehairdesign:20200228215354j:plain

巷ではコロナが世間を騒がせておりますが、そんな騒ぎとは無縁の楽園に来ております。

パンデミックだ、世界の終わりだ、などと不安を煽るネガティブな発言の数々、本当に嫌になる、こう言う発言をする連中は自分で解決方法を探るとか、何か行動を起こすということができないのだろうな。

 

f:id:artehairdesign:20200228215420j:plain

このような景色の中に身を置けるのも、自分の脚で登って前に、上に、進んだ結果なのだ。

f:id:artehairdesign:20200228215453j:plain

雪山用に買ったイギリス軍のアノラックにアクシーズクインのフユボウシを合わせてみた、ザックはロウロウマウンテンのバンビ。

バリバリ雪山やってます、というようなハイテクウエアがなんとも恥ずかしかったり、ダサかったりするのでいろいろ探し回って見つけ出した一品。

f:id:artehairdesign:20200228215523j:plain

f:id:artehairdesign:20200228215604j:plain

同行の小澤君、山と道のアルファアノラックを新調、うらやましい。

このアノラックのデザインのもとになったものが僕の着ているイギリス軍のアノラックなのだ。値段は僕の物の倍はするけど・・・

f:id:artehairdesign:20200229130201j:plain

西天狗岳頂上から赤岳方面を望む、手前の硫黄岳の爆裂火口も迫力があって素晴らしい眺めでした。

f:id:artehairdesign:20200228215535j:plain

f:id:artehairdesign:20200228215601j:plain

f:id:artehairdesign:20200228215600j:plain

f:id:artehairdesign:20200228215612j:plain

今回の楽しみの一つ、黒百合ヒュッテのビーフシチュー、冷え切った体に染み渡りましたよ、どんだけ美味いかは登ったものにしかわかりません。

f:id:artehairdesign:20200228215552j:plain

雪山の楽しさは経験してみないとわからない素晴らしいものだった。

雪山の為に買った数々の道具の値段が雪山遭難よりも恐ろしくもあります。

危険なことも数多くあると思うが、そんなことよりも世間の嫌なことから解放される快感は何物にも代えがたい経験なのだ。

 

2月25日火曜日

 

帽子     Rapha メリノビーニー、アクシーズクインフユボウシ

サングラス  オークリーレーシングジャケット

アンダー   ミレードライナミックメッシュ

ベースレイヤー    パタゴニア キャプリーンサーマルフーディー

シェル    COONEEN DEFENCE LTD

レイン   パタゴニア ラナーデールジャケット、トレントシェルパンツ

インサレーション パタゴニアダウンスナップTプルオーバー

 

 

パンツ    アークテリクス

ソックス   ポイント6エッセンシャルミディアムクルー、インジンジライナークルー

シューズ   スポルティバトラバースX TOP GTX 

バックパック ロウロウマウンテンワークス バンビ

エストポーチ ロウロウマウンテンワークス ナッツパック

 

ピッケル  グリベル モンテローザ

クランポン ヒルサウンドトレイルクランポンプロ

 

カメラ    リコー GR

時計     スントベクター



 

 

 

阿蘇にあそびにいく

休みも少ない上に、飛行機などに乗る機会がとても少ない自分が、なぜかせっせとANA

のマイルを貯めております。

よしよし結構たまってきたぞ、このマイルでどこに行こうか?とマイレージのサイトを覗くたびにブヒブヒと喜んでおりました。

貯まるだけでなかなか飛行機には乗れないなあ、悶々としていると、

ANAのマイルがたまってるけど使わないなら減らすよ』と、減算の時期が近づいてきてしまいました、もったいないので急遽マイルを使って熊本県に飛び、観光などではつまらないので阿蘇外輪山をロードバイクで走ってきました。

f:id:artehairdesign:20191126162457j:plain

f:id:artehairdesign:20191126132614j:plain

f:id:artehairdesign:20191126130207j:plain

f:id:artehairdesign:20191126141107j:plain

f:id:artehairdesign:20191126142540j:plain

阿蘇外輪山はカルデラの周囲の部分、カルデラの中心には阿蘇五岳がそびえ、その素晴らしい景観を見ながら草原の中を走る絶景のロード。

噴火による火山灰や火砕流でできた地形なので高い木が育たず、低い草しか育たないのです、見渡す限りの草原の中を走ることができる。

草原には馬や牛が放牧されて、イギリスの田舎みたいな景色が広がっていた。

空港からの距離は短いながらも獲得標高がえげつない、ずーっと登りでなまっていた脚にきつかったな。

 

f:id:artehairdesign:20191126151635j:plain

絶対食べたいと思っていた「いまきん食堂」の赤牛丼。

わさびと温泉卵と自家製味噌が肉と一緒に乗っかり食べる場所によって味が変わって楽しめる。

登りの苦しみもこれを食べたら忘れましたよ。

f:id:artehairdesign:20191126190131j:plain

 最後の締めに熊本ラーメン

日帰り弾丸輪行だったけれど行ってよかった、走ってよかった。

今度は夏の時期に緑の草原の中を走るのも悪くないな。

タチウオ釣り 秋

f:id:artehairdesign:20191112113720j:plain

東京湾観音崎沖でのタチウオ釣り。

毎年、この時期にタチウオ釣りに来てます、1年ぶりなのでテクニックなどを思い出しながら楽しみます。

自然との戦いなので奥が深くて、いろいろ考えながらする釣りは楽しいですね。

それにしてもタチウオの引きがすごくてめちゃんこ楽しかったな。

数釣りも楽しめまして、大満足の1日でした。

もちろん夕食は、炙り、フライ、塩焼き、タチウオ尽くし。

まだまだ冷蔵庫と冷凍庫にタチウオが満タン。

芸術の秋、バスキア展を見に行く

f:id:artehairdesign:20191001111028j:plain

これがあのzozoの社長が123億円で落札したバスキアの作品。

投資目的ではなく、純粋にこの作品と共に過ごしたいという社長の思いに共感。

このような作品を飾れる家ってどんなだろう。

f:id:artehairdesign:20191001090559j:plain

どうせなら運動も兼ねて、バスキア展をやってる六本木ヒルズまで自転車で行く事にした。

朝の葛西橋から見る荒川の眺め。

f:id:artehairdesign:20191001100659j:plain

永大橋から見る隅田川の眺め。

川っていいよね。

f:id:artehairdesign:20191001102337j:plain

東京駅にてお上りさん、

千葉から東京はやはり信号が多くて、約40キロを3時間もかかった。

皇居周辺をフラフラしてから、六本木ヒルズで開催しているバスキア展を見に。

土日はかなりの混雑らしいけど平日の午前中なのでまだ人もまばらで快適に鑑賞できましたよ。

f:id:artehairdesign:20191001112203j:plain

f:id:artehairdesign:20191001113014j:plain

f:id:artehairdesign:20191001112234j:plain

バスキア展

作品のいくつかは写真撮影が許されている。

27歳の若さでこの世を去った芸術家に興味は尽きない。

どの作品も若さ溢れるパワーがあった、行ってよかった。

ぜひ行くべき!

トライアスロンを完走して強く思った事

サロンを休みにして毎年参加している九十九里トライアスロン大会に行ってきました。

今年で5回目、無事完走し、そして自分の不甲斐なさをあらためて感じました。

 

今年でトライアスロンはやめようと思っていた。

そんなことを考えながらする練習はもちろん身が入らず、適当にだらだらと。

体重もここ10年では一番重い状態。

言い訳ばかりして、お客様にもスタッフにも自分の弱さをさらけ出していた。

 

完走はしたもののすべてに納得できるものではなく、すべてが中途半端、まるで今のサロンの経営と同じような気がする。

 

 

あまり気の乗らないまま参加した今回、トライアスロン会場での参加者の方々とのふれあいがすごくいいものだった。(今回は一人きりで参加したせいもあるかもしれない)アスリートの方達とふれあっているうちに徐々に気持ちが変化してきたのだ。

 

 同じ目標に向かってレースをする連帯感がいつもより強く感じた、お互いの苦しみを理解できるからこそ自然と人に優しくなれるのだ。

緊張から逃れるために人にやさしくして笑顔になる、苦しいのにお互いを鼓舞して笑顔になれる不思議、そして走り終えて健闘を称え会いこれまた笑顔になる。

なぜこんなに素晴らしい体験をしているのにやめようと思ったのだろう。

自分のことばかり考えていたんだ、はずかしい。

 

負け犬根性から脱出するための決心をした。

また一からトレーニングを見直して、自分の闘争心を再び燃え上がらせるのだ。

そうすれば一番大事なサロンをもっと発展させていくことができるはずだ。

 

人生まだまだ長い、トライアスロンだけは意地でも続けていこうと思った。

ここでトライアスロンをやめたらサロンは潰れる、肝に銘じて恥ずかしい事だが書き留めておくことにした。

 

 

 

f:id:artehairdesign:20190921211135j:plain

f:id:artehairdesign:20190921212403j:plain

低温調理器なるものを買った、硬い安い肉が美味しく食べられる優れもの。

トライアスロンレースの後の食事にタンパク質を補給したくて安い肉を買ってきて調理、肉料理の楽しみが増えたな。
 

 

 

前穂高岳

やっと体調ももどり念願の前穂高岳(3090M)制覇に行ってきた。

奥穂、西穂、 北穂は登っているので、最後の一座、残されたピースを埋めに。

四座制覇するのに10年かかった。

f:id:artehairdesign:20190910064751j:plain

朝6時のバスで上高地入り、6時30分河童橋から穂高3兄弟の眺め。

左から西穂、奥穂、前穂、こうしてみるとかなり遠いな、真ん中の岳沢(白い所)

を上り詰めていく。

f:id:artehairdesign:20190910064805j:plain

朝の上高地はホントに気持ちがいい、ここでのんびり一日過ごすのも悪くないけど観光客だらけになる日中は地獄ですよ、ほんと。

台風一過でこの時期にしては少し暑いくらいで、短パンに山シャツでちょうどよかった。

バックパックパーゴワークスのRUSH20を初投入、背負い心地がよくて、背中にピタッと吸い付く感じが気持ちいい、岩場の登り下りを安心して踏破できる。

f:id:artehairdesign:20190910074826j:plain

前半の岳沢小屋まではこんな整備された道が続き誰でも簡単に登ることができる、快適なハイキング道、僕は日帰りなのでガシガシ早歩き。

 

f:id:artehairdesign:20190910080853j:plain

1時間10分くらいで岳沢小屋着、ここでこれから始まる岩稜帯の本格的な登りの為に

ヘルメットやグローブを付けて装備を整える。(重太郎新道が始まる)

f:id:artehairdesign:20190910081830j:plain

今回の岩場用に買ったブラックダイヤモンドのクラッググローブハーフフィンガー、安心して岩をホールド出来て買って正解。

f:id:artehairdesign:20190910084311j:plain

30段はある長めのはしご、徐々に本領発揮してきた穂高の登り。

f:id:artehairdesign:20190910084143j:plain

急傾斜の岩場が何度も出てくる、3点支持が続く、汗も噴き出る、でもクライミング感覚で楽しんでる自分がいた。

f:id:artehairdesign:20190910084510j:plain

後ろを振り返ると岳沢が眺められて綺麗だなあ。

f:id:artehairdesign:20190910100001j:plain

ここが核心部のスラブ状の鎖場、ここを抜ければ紀美子平に出る。

ガスに隠れた山頂付近も見えるけど遥か上すぎて気が遠くなってくる、山頂付近が雲に覆われてまるで魔の山っぽくて恐ろしい、本当に登れるのか不安になってきた。

f:id:artehairdesign:20190910100356j:plain

分岐点になる紀美子平に到着、平と言っても岩場のちょっとした広場、上に行けば前穂山頂。左に行けば奥穂、のんびりできるような場所でもないのでさっさと山頂を目指す。

f:id:artehairdesign:20190910100011j:plain

右を見ると明神岳のとんがりがかっこいいなあ、あちらに登るには高度なクライミング技術と装備が必要なので一般ピープルには無理な世界。

f:id:artehairdesign:20190910102523j:plain

雲に隠れて魔の山のように見える頂上まで続く岩の世界、まるでロードオブザリングの世界観、どこを登ればいいんでしょうか?

丸いペンキ印がかなり上に書いてありますけどルートがわかりずらい、ジャンプでもしろってことですかね?岩がくずれたら死ぬでしょうね、たぶん。

f:id:artehairdesign:20190910103052j:plain

あともうちょいで頂上、かなりきついっす!

久しぶりにきつい登山だなあ、もう一度登れと言われても無視します、ホント。

f:id:artehairdesign:20190910103416j:plain

ついに念願の前穂高岳頂上、これで穂高と名の付く高峰をすべて制覇!

しかしガスガスでなんも見えない、頑張ったご褒美無いのかよ。

 

しかし神は僕を見捨てなかった、頂上には一人ぽつんとキレーなおねーさんがいる。

話を聞くと地元松本の人で、朝5時のタクシーで上高地に入って僕と同じコースで前穂日帰りだそう、タフだなあ。

写真を撮ってもらったり、最近の登山の話などをして15分ほど過ごす、

これほど危険なコースを一人で登ってしまう体力と精神力のある女性がとても素敵に見えた。

僕がもっと若かったら恋に落ちていたはずだ。

 

 

f:id:artehairdesign:20190910103541j:plain

f:id:artehairdesign:20190910104817j:plain

頂上でコンビニスイーツを頬張る、これがまたうまい!

 

f:id:artehairdesign:20190910104429j:plain

ガスが切れるのを待ったが、これが限界だった、ちらっと槍ヶ岳方面が見えたけどほんのちらっとだけ。

f:id:artehairdesign:20190910105754j:plain

まだまだ山頂にいたかったけど日帰り登山の宿命で時間が限られている。

急な岩場を下山しなければならない、これがまた怖い、滑るし、落石にも注意しないといけないし、集中が途切れることがない。

3点支持、4点支持とおしりの支持もいれると5点支持で降りていく、

登りよりも下りの方がえぐかった。

f:id:artehairdesign:20190910115048j:plain

ガスが晴れて西穂のギザギザが姿を現す、素敵だな。

f:id:artehairdesign:20190910120507j:plain

下山するにしたがってどんどん晴れ間が、上を見るとガスも晴れてきている、登山あるあるだな。

 

f:id:artehairdesign:20190910143206j:plain

無事、上高地河童橋に下山、大量の観光客、うんざりするね。

ご褒美にソフトクリーム、

こうして登山で消費したカロリー以上のものを摂取させ

体重を元に戻そうとする妖怪を「妖怪、カロリーもどし」と言う。

 

6時30分から登って、下山は14時30分、合計8時間の行程、

かなりきつかったけど久しぶりの岩登りは頭能と体を総動員して難所をクリアする達成感が快感。

 

9月9日火曜日

 

帽子     Rapha メリノビーニー

サングラス  オークリーレーシングジャケット

アンダー   ミレードライナミックメッシュ

Tシャツ    パタゴニア メリノデイリーTシャツ

シャツ     マウンテンハードウエア キャニオンソリッドロングスリーブシャツ

ウインドブレーカー   ティートンブロス ウインドリバーフーディー

ヘルメット   ブラックダイヤモンド ハーフドーム

 

パンツ    グラミチNNショーツ

ソックス   ポイント6エッセンシャルミディアムクルー

シューズ   サロモン X-ALP LTR GTX

バックパック パーゴワークス RUSH20   

エストポーチ ロウロウマウンテンワークス ナッツパック

 

カメラ    リコー GR

時計     スントベクター