ゆりのきDAYS

千葉県八千代市のサロン アルテヘアーデザイン店長の趣味とトレーニングの雑文

前穂高岳

やっと体調ももどり念願の前穂高岳(3090M)制覇に行ってきた。

奥穂、西穂、 北穂は登っているので、最後の一座、残されたピースを埋めに。

四座制覇するのに10年かかった。

f:id:artehairdesign:20190910064751j:plain

朝6時のバスで上高地入り、6時30分河童橋から穂高3兄弟の眺め。

左から西穂、奥穂、前穂、こうしてみるとかなり遠いな、真ん中の岳沢(白い所)

を上り詰めていく。

f:id:artehairdesign:20190910064805j:plain

朝の上高地はホントに気持ちがいい、ここでのんびり一日過ごすのも悪くないけど観光客だらけになる日中は地獄ですよ、ほんと。

台風一過でこの時期にしては少し暑いくらい短パンに山シャツでちょうどよかった。

バックパックパーゴワークスのRUSH20を初投入、背負い心地がよくて、背中にピタッと吸い付く感じが気持ちいい、岩場の登り下りを安心して踏破できると思う。

f:id:artehairdesign:20190910074826j:plain

前半の岳沢小屋まではこんな整備された道で誰でも登ることができる、快適なハイキング道、僕は日帰りなのでガシガシ早歩き。

 

f:id:artehairdesign:20190910080853j:plain

1時間10分くらいで小屋着、ここでこれから始まる岩稜帯の本格的な登りの為に

ヘルメットやグローブを付けて装備を整える。(重太郎新道)

f:id:artehairdesign:20190910081830j:plain

今回の岩場用に買ったブラックダイヤモンドのクラッググローブハーフフィンガー、安心して岩をホールド出来て買って正解。

f:id:artehairdesign:20190910084311j:plain

30段はある長めのはしご、徐々に本領発揮してきた穂高の登り。

f:id:artehairdesign:20190910084143j:plain

急傾斜の岩場が何度も出てくる、3点支持が続く、汗も噴き出る、でもクライミング感覚で楽しんでる自分がいた。

f:id:artehairdesign:20190910084510j:plain

後ろを振り返ると、結構登ってきたなあ。

f:id:artehairdesign:20190910100001j:plain

ここがスラブ状の鎖場、核心部、ここを抜ければ紀美子平に出る。

ガスに隠れた頂上付近も見えるけど遥か上すぎて気が遠くなってくる、山頂付近が雲に覆われて魔の山っぽくて本当に登れるのか不安になってきた。

f:id:artehairdesign:20190910100356j:plain

分岐点になる紀美子平、平と言っても岩場のちょっとした広場、上に行けば前穂山頂。左に行けば奥穂、のんびりできるような場所でもないのでさっさと山頂を目指す。

f:id:artehairdesign:20190910100011j:plain

右を見ると明神岳のとんがりがかっこいいなあ、あちらに登るには高度なクライミング技術と装備が必要なので一般ピープルには無理な世界。

f:id:artehairdesign:20190910102523j:plain

雲に隠れた魔の山に見える頂上まで続く岩の世界、まるでロードオブザリングに出て来そうな世界観、どこを登ればいいんでしょうか?

丸いペンキ印がかなり上に書いてありますけどジャンプでもしろってことですかね?岩がくずれたら死ぬでしょうね、たぶん。

f:id:artehairdesign:20190910103052j:plain

あともうちょいで頂上、かなりきついっす!

久しぶりにきつい登山だなあ、もう一度登れと言われても無視します、ホント。

f:id:artehairdesign:20190910103416j:plain

ついに念願の前穂高岳頂上、これで穂高と名の付く高峰をすべて制覇!

しかしガスガスでなんも見えない、頑張ったご褒美無いのかよ。

 

しかし神は僕を見捨てなかった、頂上には一人ぽつんとキレーなおねーさんがいる、

話を聞くと地元松本の人で、朝5時のタクシーで上高地に入って僕と同じコースで前穂日帰りだそう、タフだなあ。

写真を撮ってもらったり、最近の登山の話などをして15分ほど過ごす、

これほど危険なコースを一人で登ってしまう体力と精神力のある女性がとても素敵に見えた。

僕がもっと若かったら恋に落ちていたはずだ。

 

 

f:id:artehairdesign:20190910103541j:plain

f:id:artehairdesign:20190910104817j:plain

頂上でコンビニスイーツを頬張る、これがまたうまい!

 

f:id:artehairdesign:20190910104429j:plain

ガスが切れるのを待ったが、これが限界だった、ちらっと槍ヶ岳方面が見えたけどほんのちらっとだけ。

f:id:artehairdesign:20190910105754j:plain

まだまだ山頂にいたかったけど日帰り登山の宿命で時間が限られている。

急な岩場を下山しなければならない、これがまた怖い、滑るし、落石にも注意しないといけないし、集中が途切れることがない。

3点支持、4点支持とおしりの支持もいれると5点支持で降りていく、必死です。

登りよりも下りの方がえぐかった。

f:id:artehairdesign:20190910115048j:plain

ガスが晴れて西穂のギザギザが姿を現す、素敵だな。

f:id:artehairdesign:20190910120507j:plain

下山するにしたがってどんどん晴れ間が、上を見るとガスも晴れてきている、登山あるあるだな。

 

f:id:artehairdesign:20190910143206j:plain

無事、上高地河童橋に下山、大量の観光客、うんざりするね。

ご褒美にソフトクリーム、

こうして登山で消費したカロリー以上のものを摂取させ

体重を元に戻そうとする妖怪を「妖怪、カロリーもどし」と言う。

 

6時30分から登って、下山は14時30分、合計8時間の行程、

かなりきつかったけど久しぶりの岩登りは頭能と体を総動員して難所をクリアする達成感が快感。

 

9月9日火曜日

 

帽子     Rapha メリノビーニー

サングラス  オークリーレーシングジャケット

アンダー   ミレードライナミックメッシュ

Tシャツ    パタゴニア メリノデイリーTシャツ

シャツ     マウンテンハードウエア キャニオンソリッドロングスリーブシャツ

ウインドブレーカー   ティートンブロス ウインドリバーフーディー

ヘルメット   ブラックダイヤモンド ハーフドーム

 

パンツ    グラミチNNショーツ

ソックス   ポイント6エッセンシャルミディアムクルー

シューズ   サロモン X-ALP LTR GTX

バックパック パーゴワークス RUSH20   

エストポーチ ロウロウマウンテンワークス ナッツパック

 

カメラ    リコー GR

時計     スントベクター

海鮮丼を食べに走る

今日も登山に行く予定だったが、微熱がずっと続いているので断念。

なぜかここのところ体調不良が何週間も続いている、こんなことは初めての経験かも?

 

自転車ならのんびりと漕げばさほど体力も使わないし、今日は行けるところまで行ってみよう。

 

山に行けないなら海にでも行くかと単純な思いつき。

なんだかんだで鴨川まで来てしまった。

f:id:artehairdesign:20190903123448j:plain鴨川の「名代亭」のかもめ丼という名の海鮮丼¥1200也、このお店はおらが丼が有名。

f:id:artehairdesign:20190903121531j:plain

田舎臭い定食屋さん風の外見にビビる。

さて腹もいっぱいになったし千倉の海岸までひと走り。

f:id:artehairdesign:20190903112416j:plain

こういうバス停が良いよね。

f:id:artehairdesign:20190903115643j:plain

大山千枚田の坂を登って金色の稲穂を見ようとしたら稲刈りが終わってた、ガッデム!

f:id:artehairdesign:20190903133126j:plain

みんなみの里にMUJIカフェが出来ていた、あんな田舎に無印良品とカフェ、びっくり。

無印良品ぽいメロンソーダを一気食い。

f:id:artehairdesign:20190903153209j:plain

日差しも西に傾いていて夏は終わったなあと・・・人気の少ない千倉の海岸にて。

かき氷を食べに走る

f:id:artehairdesign:20190827105851j:plain

山に行こうと思ったけど天気が悪そうなのでご近所サイクリング

 

千葉で唯一、日光の天然水氷:四代目徳次郎:で作ったかき氷を食べに行こう。

店の場所は我孫子市手賀沼湖畔。

八千代の雄大な大河:新川:をさかのぼる。

f:id:artehairdesign:20190827113409j:plain

田舎だなあ、15分も走ればまだこんな景色が広がる、いいところだな八千代は、うん。

 

f:id:artehairdesign:20190827112618j:plain

先ずは八千代道の駅にて300円のジェラートを、最近涼しくなってきたけどまだ8月、冷たいものが美味しいでしょ、かき氷のために胃を慣れさせる。

 

f:id:artehairdesign:20190827120211j:plain

印西市の田舎な風景、庚申塔群。

 

f:id:artehairdesign:20190827120326j:plain

寂れた神社、あえてGRのハイコントラスト白黒で撮ってみたのが下の写真、
雰囲気でるわ。

f:id:artehairdesign:20190827120350j:plain

f:id:artehairdesign:20190827110809j:plain

途中の鉄塔もハイコントラスト白黒で、これまた夏感ゼロ。

 

f:id:artehairdesign:20190827123501j:plain

手賀沼湖畔にはコハクチョウがのんびりと、糞も大量だから自転車のタイヤも糞だらけ、ガッデム!!

 

30キロ走って我孫子市の:吉岡茶房:についた、手賀沼の湖畔にほど近い。

f:id:artehairdesign:20190827131704j:plain

これが日光の天然水かき氷、期間限定のあんず味が僕の直前で品切れて、無難な苺みるく、ガッデム!!

ふわふわでとろける、キーンとしないんだね、いくらでも食べられるぞ。

おかわりしたいけど950円もするんだもん、無理だわ。

帰り道も暑くてコンビニに飛び込みガリガリ君も頬張る、こちらは100円、よくわからない世の中だな。

息子と登山 金峰山

f:id:artehairdesign:20190730100413j:plain

息子と登山

息子を登山に誘ってみた、念願叶って高校2年になる息子と金峰山(2599M)へ

4年ほど前に金峰山には登っていて、その時の絶景を息子にも見せてあげようと、

ところが初心者にはきつい登りが待っていた。

f:id:artehairdesign:20190730074501j:plain

樹林帯の中の苔むした道、時折光が差し込み幻想的なトレイル。

f:id:artehairdesign:20190730074450j:plain

苔の織りなすいい雰囲気の森の中を進む、苔パラダイスに息子も感動していた。

f:id:artehairdesign:20190730075838j:plain

鎖場も三ヶ所ほどありアスレチック要素があって手強い。

f:id:artehairdesign:20190730091132j:plain

稜線に出ると視界がパーっと開けて素晴らしい眺め、八ヶ岳もくっきり。

f:id:artehairdesign:20190730091044j:plain

f:id:artehairdesign:20190730091452j:plain

稜線の登りは岩だらけでキツイ!

f:id:artehairdesign:20190730100715j:plain

f:id:artehairdesign:20190730100316j:plain

やっとこさ有名な五丈岩のある頂上に登頂、約3時間少しかかりました。

山頂からは360度の大パノラマ、何時間でも眺めていたかった。

さすがに高校生は身が軽いのか、終始僕より先に登っていて、父の威厳を保つためにも遅れないように付いていくのがやっとでした。

 

f:id:artehairdesign:20190730102558j:plain

 頂上でのラーメンの美味しさにに息子も感動、腹に染み渡るスープに悶絶している。

 

長年の悲願だった息子との登山、登頂の感動を分かち合えたことが単純に嬉しい。

それにしても行きも帰りも息子の後を追いかけることになってしまい自分の歳を感じてしまった、まだ負けるわけにはいかないはずだったのに・・・

 

7月30日火曜日

 

帽子     パタゴニア ダックビルキャップ

サングラス  オークリーレーシングジャケット

アンダー   ファイントラック メッシュアンダーノースリーブ

トップ    パタゴニア キャプリーンライトウエイトTシャツ

ウインドブレーカー    ティートンブロス ウインドリバーフーディー

 

パンツ    マウンテンハードウエア ディプシートレイルショーツ

ソックス   injinji トレイルミッドウエイトクルー

シューズ   サロモン センスマントラ

バックパック ロウロウマウンテンワークス バンビ   

エストポーチ ロウロウマウンテンワークス ナッツパック

 

カメラ    リコー GR DIGITAL2

時計     スントベクター

 

○息子の装備

帽子     パタゴニア トレイルキャップ

アンダー   アンダーアーマータンク

トップ    ノースフェイス トレイルTシャツ

ウインドブレーカー    パタゴニアフーディニジャケット

 

パンツ    マウンテンハードウエア ディプシートレイルショーツ

ソックス   ポイント6 HIKING light

シューズ   サロモン X-ALP LTR GTX

バックパック ノースフェイス ルーファス

 

カメラ    iphone 8

時計     G-SHOCK

大満足の那須連山

f:id:artehairdesign:20190625072207j:plain

小学生の時に登って以来の茶臼岳、こんなにも荒々しい山だったのか!

活火山で今も噴煙をあげているのだ。

今月は定休日が晴れたら登山と決めて6月の4回の休みのうち3回登山ができた。

今日は那須連山の茶臼岳、朝日岳、三本槍岳を縦走、登山口が標高1400メートルなので比較的軽めの登山。

6時30分から登り始めて11時には下山してしまった。

ほぼトレランペースで脚を痛めつけてみた、マゾだな、案の定ふくらはぎが肉離れしてしまいました、軽めの肉離れなので一週間もすれば治ると思う。

f:id:artehairdesign:20190625200724j:plain

左が朝日岳の先っちょ、右が荒々しい茶臼岳、全く違う山容が面白い。

f:id:artehairdesign:20190625090315j:plain

朝日岳と三本槍岳の中間地点の清水平、天気も良くて空が広くていい所だったな。

ここも平ら、やはり平らっていいもんだな。

f:id:artehairdesign:20190625081813j:plain

f:id:artehairdesign:20190625201033j:plain

那須連山最高峰の三本槍岳、槍岳と名乗ってはいますが山の形は見ての通り丸いです。

かなりまん丸でした、名前の由来会津藩那須、黒羽藩の3藩が領地を確認するため定期的に集まって槍を立てた故事によるらしい。

短い時間でこれだけのバリエーションの山を満喫できる那須連山はかなりオススメです。

f:id:artehairdesign:20190625070149j:plain

少し危なっかしい岩場にも鎖がしっかりで安心。

サクッと登って縦走気分も味わえて、景色はもちろん、岩場やら花畑や湿地帯など楽しめる要素が盛りだくさん、初心者には絶対登って欲しい那須連山でした。

分水嶺のために風が強いことが多いので注意が必要。

f:id:artehairdesign:20190625083401j:plain

一人ぼっちなのでセルフタイマーが難しい。斜めだし、遠いし・・・

 

6月25日火曜日

帽子     マウンテンハードウェア トラッカーハット

サングラス  オークリーレーシングジャケット

アンダー   ファイントラック メッシュアンダーノースリーブ

ミドル    パタゴニア キャプリーンライトウエイトTシャツ

トップ    サロモン チェックシャツ

ウインドブレーカー    パタゴニアトラバースジャケット 

 

パンツ    パタゴニア ストレッチウェーブフェアラーウォークショーツ

ソックス   injinji トレイルミッドウエイトクルー

シューズ   サロモン X-ALP LTR GTX

バックパック ロウロウマウンテンワークス バンビ   

エストポーチ ロウロウマウンテンワークス ナッツパック

 

カメラ    リコー GR DIGITAL2

時計     スントベクター

 

NO DAYS OFF

Tracksmith

僕がランニングをはじめて11年が経とうとしております。

ここ最近はマラソンのレースには出ないでトライアスロンのレースを年一回。

なんとなく走ることに飽きているんだと思う。

ロードバイクしたり、トライアスロンしたり、登山したり、モチベーションを維持するためにいろいろ手を出してなんとなくここまで走ってこれた。

題名にもある通り:休みなく続ける事:がどれだけ大変かは理解している。

今日は低気圧の通過の為かモチベーションが上がらなくて朝のRUNを休んだ、

だからこんな文章を書いてる。

休みなく続ける事 を健康と仕事の為などとかっこつけて維持するのは難しい。

毎朝ランウエアとシューズに着替えて玄関を出るまでがどれだけ大変なことか。

11年走っていてもこんな風に思うのだからこの先もずっと玄関を出るまでがとてつもなく大変なことなんだと思う。

 

というわけでモチベーションの上がる映像と写真を見つけた。

EMILY MAYE さんというフォトグラファーが撮ってる、空気感が心地いい。

TSFall18_Women_Run031364_smaller99.jpg

TS_F2017_RafaMikeMileage_1396.jpg

TS_Home_Sam__0411_smaller34.jpg

vimeo.com

こんないい映像に出会えるとはなんと幸運なんだろう。

明日からのRUNが楽しくなるはず。

気分が乗らない時にこの映像を見つけられたことは奇跡なんだな、

まだまだもっと走り続けていけるということ。

明日の朝のRUNがワクワクしてきたぞ。

「トラックスミス」 このブランドはまだそんなに人気がないのかな?

自転車のブランドのラファに似ている、と思ったら、ラファの創業者の一人が立ち上げたブランドみたいだ。

Performance Running Gear, Apparel, and Accessories | Tracksmith

このウエアがかなりツボなのでなんとかして一枚手に入れたい、

日本に発送してくれるんかな?

 

ジャパニーズ・テーブルマウンテン 苗場山

f:id:artehairdesign:20190611061807j:plain

ジャパニーズ・テーブルマウンテンと呼ばれる上信越の山、苗場山(2145m)に行ってきました。

苗場というとスキー場が有名ですが、こちらの苗場山にあるスキー場はかぐらみつまたスキー場が本当。

ややこしいですがどうでもいいことでもあります。


梅雨に入って天気が曇りのち雨予報でしたが、時折見せる晴れ間が嬉しい。

山仲間の小澤くんも同行。
f:id:artehairdesign:20190611080848j:plain

 中の芝で休憩、時折晴れ間もf:id:artehairdesign:20190611211213j:plain

この山は豪雪地帯で有名なのでまだこんなに雪が残っておりました。

f:id:artehairdesign:20190612221600j:plain

行程の半分くらいは雪渓の上を歩きます、時々踏み抜いて雪だらけに。

何時間も雪渓を歩いていると慣れてきたのか、腐っている雪か硬い雪なのかなんとなく見分けられるようになるから不思議、安全な雪の上を歩けるようになってきた、これも経験。

 

f:id:artehairdesign:20190611211240j:plain

f:id:artehairdesign:20190611094404j:plain

 天気はイマイチで写真では全く伝わりませんが、テーブルマウンテンな様子が見えてきました。

f:id:artehairdesign:20190611112120j:plain

山頂に広がる高層湿原です、平らです、見事に平らです。

山頂にこんな平らがあるなんてはらたいらもびっくり!

山頂なのに平ら、こんな山もあっていいのだ、平らって素敵な響きだな。

山頂はどこだと平ら中を探すと、展望もクソもないような所にポツンとものすごく地味な山頂の柱がありました、でもどうでもいいです、今日は平らを見に来たのですから。

f:id:artehairdesign:20190611095354j:plain

 

f:id:artehairdesign:20190611100608j:plain

今日のランチは棒ラーメン、山頂の気温は5度で冷えた体に染み渡るスープがうまかった。 

f:id:artehairdesign:20190611110523j:plain
池塘、天気が良ければこの水面に素敵な雲が映るはずだった・・・

f:id:artehairdesign:20190613191744j:plain 

二週連続で上信越の山に通ってみて、今回の2座は谷を挟んで近くにある山なのに全く違う山の表情でした、山の奥深さに完全にやられております、しばらくは山の魅力に取りつかれそうだ。

 

6月11日火曜日

帽子     マウンテンハードウエア トラッカーハット

サングラス  オークリーレーシングジャケット

アンダー   ミレー ドライナミック

ミドル    ノースフェイス グラッフィックTシャツ

トップ    patagonia R1プルオーバー

 

パンツ    ノースフェイス バーサタイルショーツ

ソックス   injinji トレイルミッドウエイトクルー

シューズ   サロモン X-ALP LTR GTX

バックパック ロウロウマウンテンワークス バンビ   

エストポーチ ロウロウマウンテンワークス ナッツパック

 

カメラ    リコー GR DIGITAL2

時計     スントベクター

 

今回は梅雨に入って気温も低いと判断してPatagonia R1を着て行った、やはりR1は万能で、暑くなったり急に寒くなっても温度調節が楽にできてなおかつ少しくらい濡れてもすぐに乾いて快適、手放せない一枚。

先週から履いたサロモンのシューズは本当にグリップがしっかりしていて、びしょ濡れの登山道の岩場でも、安心して足を置けた、このおかげでかなり快適な山歩きができた、ゴアテックスのアッパーもくるぶしまで水につからなければ一切中まで浸みてこなかった。